Stillfoods TOP  
 
店舗情報 会社情報 採用 お問い合わせ

 
COMPANY
会社情報
会社概要会社沿革 | 会社理念 | 求人情報 | 


 
PHILOSOPHY
会社理念
   
「お客様を楽しませることが私たちの喜びです」


飲食店を作る要素には、商品・空間・ホスピタリティの三つが大切だと考えます。

商品・空間(店舗の立地及びデザイン)はそれぞれの店舗によって、その都度変化していくものですが、ただひとつ変わらないものがあります。
それが、「おもてなしの心 = ホスピタリティ」です。
「ホスピタリティ」はどの様なスタイルのレストランを作ろうと、どの様なデザインのレストランを作ろうと、変わるものではないと考え、信念を持って高いレベルに維持する努力をしてきました。

スティルフーズの考える「ホスピタリティ」とは、「お客様を楽しませることを自分の喜びにする」ということ。
スタッフが楽しんで仕事ができれば、笑顔も心のこもった心遣いも自然にできるでしょうし、お店にお見えになるお客様も心地よい気分でお食事を楽しんで頂けるでしょう。
その「楽しさ」をスタッフとお客様で共有できてこそ、すばらしいレストランになれると考えるからです。
さらに、その結果がスタッフ自信の仕事に対する「誇り」にも繋がるでしょう。

また、スティルフーズでは「家庭的な雰囲気」を大切にしています。その中で各自が自分の立場を理解し、信頼尊重しあった上で物事を進めていくということを身につけて欲しいのです。それには、やはり温かさ「ホスピタリティ」が非常に大切なのです。

「誰かに喜ばれることをするのは楽しい」とわかり始めた若いスタッフ達に期待を寄せ、スティルフーズは更に高いレベルのサービスを目指し、発展し続けています。


 
President : SHIGEKAZU SUZUKI
代表取締役:鈴木 成和
   

慶應義塾大学卒業後、東京ヒルトンホテルに入社。

その後、キャピトル東急ホテル勤務となり、営業副支配人、営業支配人へと昇格。

サイプレスホテルズアンドリゾートを経て、1995年10月に(株)スティルフーズを設立。

同年12月に新宿アイランドタワーにスティルフーズ第1号店のフレンチレストラン「Provence」を、翌年5月には、当時まだ何もなかったお台場にイタリアンレストラン「Bruschetta Pix-Caffe」とバー「Margo」の2店舗をオープン。予想以上の大好評を得て、お台場ブームの火付け役となる。

1997年には東麻布にリストランテ「IL PINOLO」をオープン。

2000年まではアウトレットなどを中心にレストラン、ジェラテリアなどを多数出店。

2001年には新業態のレストラン「ROTI Roppongi」や「OLI」、「IL PINOLO」の2号店などを銀座や渋谷などの都心に出店。「IL PINOLO」のブランド価値を高めるためレストラン事業以外にもカフェやケーキショップの展開も積極的に進める。

2002〜2003年は大型商業施設への新規出店を控え、既存店や社内の強化・充実を計る。

2004年4月には東京・乃木坂に薪窯を使った本格ナポリピッツァのレストラン「PIZZERIA 1830」など個性的な路面店を手がけ、同年には大阪・梅田のヒルトンプラザ ウエストにリストランテ「IL PINOLO」をオープンし、関西進出も果たす。

2005年にはアトレ秋葉原に「Chelsea Market」、そごう横浜店とそごう心斎橋店に「IL PINOLO Levita」、大阪・天満橋に「OLI」2号店、その他「Mario Gelateria」を2店舗オープン。

2006年には浦和伊勢丹に「IL PINOLO Levita」、「IL PINOLO Pasticceria(ケーキショップ)」、そごう千葉店に「IL PINOLO Levita」を、同年9月にはラゾーナ川崎に新業態となる「鉄板焼S」を始め、ケーキショップ、クレープショップの3店舗を同時オープン。

2007年3月には、ららぽーと横浜の新スタイルフードコートに「PIZZERIA 1830」をオープン。乃木坂でイタリア人に人気のピッツァをフードコートで提供。また、東京ミッドタウンに「ROTI American Brasserie & Wine Bar」をオープン。同時に新業態のグルメホットドッグショップ「MADISON PARK CAFE」も手がけた。

2009年に入ってからは、再び東京に出店。3月に東京ミッドタウンにレストランの原点回帰とも言える、新業態のバール「Ba-tsu」をオープン。小皿料理やビール、ワインをリーズナブルな価格で提供する、時代と立地のニーズに合わせた業態を提案。
同年7月には、三井ガーデンホテル仙台の開業に伴い、ホテル内唯一のレストランとしてリストランテ「BAROLO」をオープン。東北エリア初出店を果たす。また、同時に茨城県阿見町にオープンするあみプレミアム・アウトレット内のフードコートに4店舗目の「PIZZERIA 1830」をオープン。

また、レストラン運営だけでなく、戦略的な事業譲渡も行う。2006年の「Mario Gelateria」と「Crepe-Crepe」のオッペン化粧品株式会社への事業譲渡を始め、2007年にはスティルフーズのフラッグシップブランド「IL PINOLO」含めた都内の高単価店舗を株式会社ユニマットクリエイティブへ譲渡。また、2008年には「ROTI」ブランドのうちの1店舗「ROTI Roppongi」と「MADISON PARK CAFE」をマルカ商事株式会社に譲渡するなど、会社経営においても、その経営的手腕とセンスを発揮する。

2010年には熟成肉ブームの火付け役とも言える「37 Steakhouse & Bar」を六本木ヒルズ・けやき坂にオープン。本場ニューヨークのステーキハウスに引けを取らず、多くの著名人を虜にする本物のステーキハウスとしてスティルフーズの新しいフラッグシップブランドとなる。
その後、「37(サーティーセブン)」ブランドとして、2011年にはJR博多シティに生パスタ専門店「37 PASTA」、2014年に薪窯のピッツァを提供する「PIZZERIA 37」をトラッド目白に、2016年4月には表参道ヒルズにローストビーフ専門店「37 Roast Beef」と、同年7月は銀座に肉料理専門店「37 QUALITY MEATS」と続々とオープン。
さらに12月には新業態への挑戦として、鮨とシャンパンのマリアージュを堪能できる"鮨シャン"レストラン「銀座 815」をオープン。

2017年6月にはスティルフーズ初の沖縄出店となる「37 Steakhouse & Bar」の2号店をJR九州ホテル・ブラッサム那覇のメインダイニングとしてオープン。翌月の7月には東京ミッドタウンにフランス・パリのに本店を構えるトリュフ料理専門店「Artisan de la Truffe Paris」の日本1号店を開業する。

常に飲食業界をリードし、歴史を刻み続ける鈴木成和の勢いはまだまだ止まらない。

>>会社沿革

Shigekazu Suzuki - Publicity
鈴木成和 メディア掲載情報
2010.10
Webサイト「ファウスト・アドベンチャラーズ・ギルド」にスティルフーズ代表取締役・鈴木成和のインタビュー「レストラン創りこそが趣味の集大成」が掲載されています。
>>Faust Adventurers’ Guild
2009.10.01
日経レストラン10月号の「編集長インタビュー」で紹介されました。


>> 日経レストラン ONLINE
2008.12.2
求人情報サイト「in職hyper」の「飲食の戦士たち」にインタビューが掲載。
Read More
2008.9.24
雑誌「GOETHE」に8ページにわたり紹介。

>> Read More

>> 店舗一覧をPDFファイルで見る PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Acrobat Reader®が必要です。
 
プライバシーポリシー(個人情報保護方針) Copyright (c) Stillfoods Inc.